ウイルス情報

ウイルス名 危険度

FireAnvil

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 プログラム
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4223
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4434 (現在7633)
対応エンジン 5.1.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 02/09/13
発見日(米国日付) 02/09/12
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法
このウイルスには、4222定義ファイルで対応いたします。4222定義ファイルは02/09/12に発行の予定です。それまでの間、このウイルスに対応するためにはβ版ウイルス定義ファイルをお使いください。

概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

  • "Firehand Technologies Corporation" の画像ビューア "Firehand Ember Millenium" のトライアルバージョンには、ユーザがトライアルバージョンをアップグレードしようとして無効な登録キーを入力すると起動するトロイの木馬が含まれています。
  • この製品の現在(2002/09/12)入手可能なバージョンには、この機能は含まれていません。
  • ユーザがユーザ ID として "czy czy" を使用してトライアルバージョンに登録しようとすると、

    アプリケーションが偽のメッセージを表示します。

  • また、ローカル ディスクにあるすべてのファイルの先頭に次のテキストが上書きされます。
    • "CzY CrAcKiNg CrUe! We CrACk EvErYtHiNg!"
  • このプログラムにより改変されたファイルはすべて壊れ、自動的に元に戻ることはありません。壊れたファイルはバックアップと置き換える必要があります。
  • ユーザが登録フォームに有効でない特定の "UserID" を入力すると、発病ルーチンが起動する。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

TOPへ戻る

感染方法

TOPへ戻る