ウイルス情報

ウイルス名 危険度

Generic FakeAlert!htm

企業ユーザ: 低[要注意]
個人ユーザ: 低[要注意]
種別 トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
5555
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
5687 (現在7656)
対応エンジン 5.2.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 2009/07/27
発見日(米国日付) 2009/03/16
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

-- 2009年7月24日更新 --

・以下のWebサイトで注目されたため、危険度を[低(要注意)]に変更しました。

http://www.theregister.co.uk/2009/07/23/eclipse_scareware_scam/ --

・Generic FakeAlert!htmは、偽のアラートを表示して、ユーザにマルウェアの問題を「修復する」製品を購入させようとするトロイの木馬です。

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

-- 2009年7月24日更新 --

・以下のWebサイトで注目されたため、危険度を[低(要注意)]に変更しました。

http://www.theregister.co.uk/2009/07/23/eclipse_scareware_scam/ --

・Generic FakeAlert!htmは偽のオンラインマルウェアスキャンを実行するコードを格納したHTMLファイルです。

・Generic FakeAlert!htmをホストしているWebサイトの一例は以下のとおりです。

  • spyware-scannerv3.com
  • thesecureyourpc.com

・ユーザが上記のWebサイトに接続すると、偽のマルウェア感染警告を表示します。

・さらに、偽のマルウェアスキャンを実行し、感染レポートを表示します。

・この偽の警告の後、「Personal Antivirus」という名前の悪質なウイルス対策ソフトウェアがダウンロードされ、%USERPROFILE%\local settings\temp\setup-{ランダム}.exeという名前で保存されます。

・ダウンロードされたファイルはFakeAlert-DIという名前で検出されます。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

・上記のダウンロードされたファイルが存在します。

TOPへ戻る

感染方法

・トロイの木馬は自己複製しません。多くの場合、その実行可能ファイルに何らかの利益があると思わせて手動で実行させることにより繁殖します。IRC、ピアツーピアネットワーク、ニュースグループへの投稿などを通じて配布されます。

TOPへ戻る

駆除方法

TOPへ戻る