ウイルス情報

ウイルス名

HTMLP.1670

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7634)
対応エンジン 4.0.02以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 HTML.Prepend, HTML/Internal, HTML/Prepend.1670, VBS/Internal.1670, VBS/Internal.A, WScript.Internal
亜種 HTML.ow.1152, HTML.cmp
発見日(米国日付) 98/11/02


これは、先頭に付着する真の寄生ウイルスである。ローカルドライブから表示されると、6回に1回の割合で同じフォルダにある別のHTMまたはHTMLファイルに感染する。このウイルスは、Netscapeには対応せず、Microsoft Internet Explorer 4でのみ活動するようである。IE4のセキュリティをデフォルト設定しておくと、害を及ぼすおそれのある内容がページに含まれていることをユーザに警告し、実行すべきかどうかを尋ねるポップアップメッセージが表示される。

このウイルスは除去することができ、実際には大した脅威ではなく、またフィールドでもこのウイルスについての証拠はない。