ウイルス情報

ウイルス名

WM/HELPER.F;G;H

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7634)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
発見日(米国日付) 97/07/01


WindowsおよびMacintoshのプラットフォームで動作するMicrosoft WORDバージョン6.xまたは7.xのWord文書に感染することによって繁殖する。感染文書内の次のマクロによって構成される。

AUTOCLOSE

このウィルスは、AutoMacrosの使用によって発動する。すべてのマクロは、標準のWord実行専用機能を使用して暗号化されている。つまり、ユーザは、マクロコードを編集したり、表示したりすることはできない。

亜種'F'の場合、ファイルが毎月3日に閉じられるときに、FILE|SAVEASパスワードを'HeLpLick'に設定する。その後、次のようなメッセージボックスを表示する。

-Microsoft WordX

Help Lick Stamps, Today?


OK

亜種'G'の場合、ファイルが毎月5日に閉じられるときに、FILE|SAVEASパスワードを'HeLpsoRt'に設定する。その後、次のようなメッセージボックスを表示する。

-Microsoft WordX

Please sort all MS Mail


OK

亜種'H'の場合、あるファイルが毎月27日に閉じられるときに、FILE|SAVEASパスワードを'HeLpBosS'に設定する。その後、次のようなメッセージボックスを表示する。

-Microsoft WordX

Have you told the boss he looks nice today?


OK