ウイルス情報

ウイルス名

WM/HYBRID.A

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7634)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
亜種 HYBIRD.A
発見日(米国日付) 97/01/01


Wordのマクロイルスである。日本語版のWordでは感染しない。

<発病について>

Hybridは感染した後、WM.Concept.aに感染した可能性の高いファイル(つまり「AAAZFS」又は「AAAZAO」マクロを持っているファイル)を発見した場合に、そのファイルの「AAAZFS」、「AAAZAO」、「AutoOpen」、「FileSaveAs」マクロを削除する。これによりそのファイルのWM.Concept.aウイルスの感染機能がなくなる。

またHybrid感染ファイルを閉じる時に、標準テンプレートがWM.Concept.a等のウイルスに感染していた場合(つまり「AAAZFS」又は「AAAZAO」マクロを持っていた場合)「AAAZFS」、「AAAZAO」、「AutoOpen」、「FileSaveAs」マクロが削除される。

この発病が行われた時点で、Hybridは感染機能を失う。それから後は、この発病のみが繰り返される。