製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:H
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
W32/Hello.worm
種別ウイルス
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4136
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4241 (現在7507)
対応エンジン (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名W32.FunnyFiles.Worm,W32/Hello
情報掲載日01/05/02
発見日(米国日付)01/04/23
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法

セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
07/21Generic.tfr!...
07/21RDN/Generic ...
07/21Downloader.g...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7507
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 




  • W32/Hello.wormは、MicrosoftのMSN Messengerプログラムを通して繁殖する最初の既知ウイルスです。<>

  • MSN Messengerがローカル プログラムにインストールされていなければ、このウイルスはうまく動作しません。

  • W32/Hello.wormは、MSN Messengerを通して10,240バイトのHELLO.EXE(Visual Basic 5アプリケーション)として配信されます。

  • このウイルスが起動すると、WINDOWS STARTUPフォルダにショートカットが作成されます(ただし、ファイル名は付かず、アイコンも作成されません)。

  • MSN Messengerがデフォルトのディレクトリにないと、このウイルスはクラッシュして、次のメッセージが表示されます。

    Run-time Error '91'.
    Object variable or With block variable not set.

  • 上記のメッセージが表示されない場合は、MSN Messengerの連絡先に登録されているユーザに次のメッセージが配信されます(メッセージにはHELLO.EXEが添付されます)。

  • i have a file for u. its real funny