製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:H
ウイルス情報
ウイルス名危険度
W32/Hobbit.c@MM
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4228
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4412 (現在7544)
対応エンジン5.1.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名Win32.Hobbit.G (CA)
情報掲載日02/10/10
発見日(米国日付)02/10/04
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
08/30FakeAV-M.bfr...
08/30Generic.tfr!...
08/30PWS-Mmorpg.g...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7544
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


概要TOPに戻る

ウイルスの特徴TOPに戻る
  • このウイルスは、ヒューリスティック プログラムを有効にして圧縮ファイルをスキャンすると、定義ファイル 4127〜4227 で New Worm または New Backdoor として検出されます。定義ファイル 4228 から "W32/Hobbit.c@MM" になります。
  • このウイルスは Visual Basic で作成されており、インターネットの一時ファイルから抽出した電子メール アドレスに自身を送信し、KaZaa のピアツーピア ファイル共有ネットワークを使用して自身を共有して、繁殖しようとします。
  • このウイルスはオリジナルのソース コードを開放しており、自身の複数のコンパイルに誘導します。
  • このウイルスは次のような電子メール メッセージで配信されます。

  • 添付ファイルを実行すると、このウイルスは自身を %WinDir% ディレクトリに Shizzle.exe および Anti-Bug.exe としてコピーします。
  • 起動時にウイルスが読み込まれるように、以下のレジストリ実行キーが作成されます。
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run "WinSrv"=C:\WINDOWS\Shizzle.exe
  • このウイルスは、PING を使用して www.dokfleed.net に対するサービス拒否攻撃を開始する発病ルーチンを含みます。

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る
  • このウイルスは、以下のメッセージ ボックスを表示するコードを含む(テスト時には、メッセージ ボックスは表示されませんでした)。

  • このウイルスは、以下のディレクトリが存在する場合、これらのディルクトリに自身のコピーを保存するコードを含む(テスト時には、保存も行われませんでした)。
    • \PROGRAM FILES\KAZAA\MY SHARED FOLDER
    • \KAZAA\MY SHARED FOLDER
  • このウイルスは以下のファイル名を使用する。
    • All GamesHack.exe
    • HotMailHack.exe
    • ICQ Password Hack.exe
    • Macromedia Flash MX.exe
    • Swat 3 Full Download.exe
    • Tacony.exe
    • Unreal Tournament 3 FullDownloader.exe
    • WarCraft III Full.exe
    • WIN XPCrack.exe
  • このウイルスは、デスクトップを隠すシステム ポリシーを与える発病ルーチンを含む。

感染方法TOPへ戻る
  • このウイルスは、Outlook アドレス帳から電子メール アドレスと、キャッシュされたインターネット web ページ(*.html)に含まれる "mailto" リンクを収集する。収集されたアドレスは、現在のディレクトリにある EMAIL.TXT ファイルに保存される。
  • このウイルスは、以下のレジストリに保存されているデフォルトの SMTP サーバを使用して、MAPI のメッセージ送信と自身の SMTP エンジンを使用し、収集したアドレスに自身を送信しようとする。
    • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Account Manager\Accounts\00000001\SMTP Server

駆除方法TOPへ戻る
■現行のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

Windows ME/XPでの駆除についての補足