製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:H
ウイルス情報
ウイルス名危険度
W32/Holar.c@MM
企業ユーザ: 低[要注意]
個人ユーザ: 低[要注意]
種別トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4236
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4362 (現在7514)
対応エンジン5.1.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名I-Worm.Galil
W32/Lagel.A
W32/SfxDeth.A-mm
Worm/Holar.C
情報掲載日02/12/05
発見日(米国日付)02/12/05
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
07/28RDN/Download...
07/28Generic.dx!0...
07/28Generic Down...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7514
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


概要TOPに戻る

ウイルスの特徴TOPに戻る

W32/Holar.c@MM は、ZD NET Australia に “New worm threatens files in Aust.” という記事が掲載されましたので、危険度を “低 [要注意]” に変更しました。

  • W32/Holar.c@MM は電子メール、感染マシンのファイルからメールアドレスを引用して、自身を送信することで拡大します。AVERTのテストによると、ウイルスの複製コピーは送信メールに添付されます。また、一つのメールにつき4つのウイルスファイルが添付されていることもあります。

    このウイルスは次の電子メールメッセージで届きます。

    件名: Fwd: Crazy illegal sex !
    添付ファイル: iLLeGal.exe (80,626 バイト)
    本文:

    本文には、Yahooのアカウントからの転送メッセージであるとユーザが勘違いするような文字列が含まれています。転送ヘッダの下に、以下のテキストが続きます。

    The message body contains strings to fool the user into thinking the message is forwarded from a Yahoo account. Beneath the forwarded headers, the following text is present:

    Hii

    Is it really illegal in da USA?
    who knows :P
    If u have a weak heart i warn u DON'T see dis Clip.
    Emagine two young children havin crazy sex fo da first time togetha ! loooool i'm still wonderin where thier parents were?

    Good Xuck , oh sorry :
    i mean Good Luck ;

    Bye

  • このメッセージの本文は文字列 "Flash File" が含まれており、添付ファイルのアイコンは、Shockwave Flash ファイルで通常使用されるものです。

  • ウイルスが実行されると、以下のファイルを落とし込みます。(%SysDir% はWindows Systemディレクトリ:例 C:\WINDOWS\SYSTEM32)
    • %SysDir%\ILLEGAL.EXE (80,626バイト) -ドロッパコンポーネント
    • %SysDir%\MPLAYER.EXE (13,824バイト) - メールコンポーネント(UPXed)
    • %SysDir%\SMTP.ocx (25,737バイト) - ライブラリファイル(UPXed)
  • 落とし込まれたコンポーネントは以下のメッセージボックスを表示します。

  • さらに、以下のウィンドウを表示します。

  • 以下のレジストリキーはPC起動時にメーリングコンポーネントを実行します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\RunServices "iLLeGaL" = %SysDir%\Mplayer.exe

  • このレジストリキーフックは指定されたエンジンと定義ファイルで削除できます。

    このウイルスは以下のレジストリキーも追加します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE "iLLeGal" = 1

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る
  • 上記のような現象がある。
  • 上記に詳述してある3つのファイルが存在する。
  • 上記に詳述してあるレジストリキーが存在する。
  • 上記のようなメッセージが発信される。

感染方法TOPへ戻る
  • このウイルスは、感染マシン(temporary Internetフォルダ)からメールアドレスを引用し、自身を電子メールで送信する。
  • このウイルスは、3つの実行ファイルが“ドロッパ|メーラ|SMTPライブラリ”というサンドイッチ状の構造を取っている。(詳細については、上記参照)
  • ドロッパコンポーネント、メーラコンポーネントは、上記のエンジンと定義ファイルを使用して“W32/Holar.c@MM”として検出される。

駆除方法TOPへ戻る
■指定のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出して下さい。検出されたすべてのファイルを削除してください。

Windows ME/XPでの駆除についての補足