ウイルス情報

ウイルス名

HLLP.11712

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7634)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
発見日(米国日付) 98/06/01


HLLP.11712は、高レベル言語で作成されたウイルスであり、実行ファイルの前に11,712バイト付加する。

このウイルスは、Windows 95で使用可能な、より大きいサイズの「新しいタイプ」の実行ファイルには感染しないが、古い形式の.EXEファイルにだけ感染する。

注意すべき点として、このウイルスはオリジナルファイルに特定の署名を追加して、その署名位置にあったオリジナルデータは保存しないことが挙げられる。このため、現時点ではクリナーは使用不可である。追加された署名を消去できないことが判明した場合、クリナーは作成されない。クリナーを作成できる場合は、感染ファイルの修復が保証される。