ウイルス情報

ウイルス名 危険度

VBS/Horty.c@MM

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4205
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4244 (現在7633)
対応エンジン 5.1.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 02/05/30
発見日(米国日付) 02/05/27
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法


概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

  • このウイルスは、VBS/Horty@MMとして検出されます。このウイルスは、Monica-Bellucci.jpg.vbsという添付ファイルとして届き、Outlookを使用して、次のような電子メールを送信します。
    件名Here you have, ;o)
    本文”Hi (username).Check This!
    添付ファイルMonica-Bellucci.jpg.vbs
  • 次に、以下の感染ファイルをWindowsディレクトリにコピーします。
    • Monica-Bellucci.jpg.vbs
    • run32dll.vbs
  • また、VBS/Horty.c@MMは、HKLM\SOFTWARE\TaskManager で感染カウンタを使用します。カウンタ値が8より小さい場合、Outlookのコンタクト リストにあるすべての宛先に、上記のような電子メールを送信します。感染カウンタが10になると、Windowsディレクトリ内の *.exeを削除して、次のメッセージを表示します。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

  • 上記のメッセージが表示される。Windowsディレクトリから実行ファイルが削除される。次のファイルがWindowsディレクトリに存在する。
    • run32dll.vbs
    • Monica-Bellucci.jpg.vbs

TOPへ戻る

感染方法

  • run32dll.vbsまたはMonica-Bellucci.jpg.vbsのファイルを実行する。

TOPへ戻る

駆除方法


■現行のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

WindowsNT用のWebShield SMTPをFile Filteringと一緒に使用して下さい。(Solarisには適用できません)
  • 設定コンソールの中のコンテンツフィルタリングを選択します。
  • 「追加」を選びます。
  • 「VBSBlock」のようにコンテンツフィルタリングのルールを追加します。
  • .vbsのフィルタをオンにします。
  • 「OK」を選びます。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

AVERT推薦アップデート

TOPへ戻る