ウイルス情報

ウイルス名 危険度

W32/HLLP.Gogo

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4298
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4298 (現在7633)
対応エンジン 4.1.60以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 W32.HLLP.Gogo (Symantec)
W32/Gogo
情報掲載日 03/10/17
発見日(米国日付) 03/10/14
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

ウイルスの特徴

・W32/HLLP.Gogoは、ターゲットマシン上で実行ファイルに感染する前方追加型のファイルウイルスです。

・W32/HLLP.Gogoは特定の時刻や日付になるとメッセージを表示します。メッセージには2バイト文字と、以下の文字列が含まれます。

I am The Virus oF Happy

・メッセージは複数回表示されます。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

・感染したファイルは57,361バイトに増加します。

(前方追加型ウイルスは57,344バイトで、ファイルの末尾に追加された署名は17バイトです。)

TOPへ戻る

感染方法

・Cドライブのファイルがマスクファイル(*.EXE)を介して感染します。ただし、 Windows、SystemまたはSystem32ディレクトリ内のファイルは感染しません。IEXPLORE.EXE、ccRegVfy.exeおよびccApp.exeという名前のファイルも感染しません。

・W32/HLLP.Gogoは、ファイルの前方に自身を追加し、ファイルの末尾に署名を追加することで感染します。

・感染したファイルが実行されると、W32/HLLP.Gogoはオリジナル実行ファイルを抽出して実行します(拡張子".VIV")。

感染ミスで破損したファイル

・AVERTのテストでは、特定の実行ファイルに感染ミスが起こり、破損したファイルが実行しないことが確認されています。W32/HLLP.Gogo.damは、このようなファイルを検出して修復するために作成されました。

・W32/HLLP.Gogo.damには定義ファイル4299が含まれます。

TOPへ戻る

駆除方法

■現行のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

TOPへ戻る