ウイルス情報

ウイルス名

W32/Hello.worm

種別 ウイルス
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4136
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4241 (現在7628)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 W32.FunnyFiles.Worm,W32/Hello
情報掲載日 01/05/02
発見日(米国日付) 01/04/23
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

  • W32/Hello.wormは、MicrosoftのMSN Messengerプログラムを通して繁殖する最初の既知ウイルスです。

  • MSN Messengerがローカル プログラムにインストールされていなければ、このウイルスはうまく動作しません。

  • W32/Hello.wormは、MSN Messengerを通して10,240バイトのHELLO.EXE(Visual Basic 5アプリケーション)として配信されます。

  • このウイルスが起動すると、WINDOWS STARTUPフォルダにショートカットが作成されます(ただし、ファイル名は付かず、アイコンも作成されません)。

  • MSN Messengerがデフォルトのディレクトリにないと、このウイルスはクラッシュして、次のメッセージが表示されます。

    Run-time Error '91'.
    Object variable or With block variable not set.

  • 上記のメッセージが表示されない場合は、MSN Messengerの連絡先に登録されているユーザに次のメッセージが配信されます(メッセージにはHELLO.EXEが添付されます)。

  • i have a file for u. its real funny

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

TOPへ戻る

感染方法

TOPへ戻る

駆除方法

TOPへ戻る