ウイルス情報

ウイルス名

WM/HELLGATE.A

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7633)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
発見日(米国日付) 97/04/01


Word Version6.x/7.x(Windows版、Macintosh版)で作動する。感染ファイルのウイルスマクロはEDITCOPY, EDITCUT, AUTOCLOSE, DNZ, TOOLSSPELLING, FILENEW, FILEEXIT, TOOLSMACRO, TOOLSCUSTOMIZE, FILETEMPLATESである。自動マクロ、システムマクロを使って発動するウイルスである。マクロはいずれもWord標準機能「実行のみ可能」で暗号化されている。つまりユーザーはウイルスマクロを表示することも編集することもできない。

Win.iniのDEMO|PROGRAM=INSTALLEDセクションを使って、自己感染チェックを行う。

3月9日には以下のようなメッセージボックスが表示される。

-Wm.DnZX

Written by Bill_HellGateS


OK

(「作成:Bill_HellGateS」ビル・ゲイツと地獄の門(HellGate)をかけている。)