ウイルス情報

ウイルス名 危険度

W32/HLLP.Philis.cz

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4921
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4924 (現在7659)
対応エンジン 4.4.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 2006/12/22
発見日(米国日付) 2006/12/18
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

・W32/HLLP.Philis.czはファイル感染型ウイルスです。感染したマシンで実行ファイルを検索し、ウイルスコードを付加します。また、パスワードを盗み出すトロイの木馬をダウンロードするdllファイルもドロップ(作成)します。

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

・実行時、rundl132.exeというファイル名で%Windir%\Uninstallに自身をコピーし、再起動時に自身を起動するレジストリ項目を追加します。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
    "load"="C:\WINDOWS\uninstall\rundl132.exe"

・また、以下のレジストリ項目を作成します。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Soft\DownloadWWW
    "auto"="1"

・%WinDir%にrichdll.dllという名前のファイル(W32/HLLP.Philis.dllという名前で検出)をドロップします。次に、このdllをExplorer.exeのシェルプロセスに挿入します。dllは以下の場所からPWS-LegMirなど他のパスワードを盗み出すトロイの木馬をダウンロードします。

  • down.down988.cn

・W32/HLLP.Philis.czは実行ファイルを検索し、ファイルにウイルスコードを付加します。元のファイルの先頭に58KBのコードを追加して、ファイルが実行されると、ウイルスも一緒に実行されるようにします。

・W32/HLLP.Philis.czはルートディレクトリに「_desktop.ini」という名前のファイルを作成しながら、感染する実行ファイルを探します。ファイルは隠しシステムファイルとして作成され、ウイルスが実行された日付が記載されています。日付はyyyy/mm/ddの形式で表示されます。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

  • %WinDir%\RichDll.dllが存在します。
  • 上記のレジストリ項目が存在します。
  • _desktop.iniという名前のファイルが存在します。
    • ファイルにはシステム(S)および隠し(H)属性が設定されており、W32/HLLP.Philis.iniという名前で検出されます。
  • EXEファイルのサイズが増えます。
  • ディスクの活動(読み書き)が増えます。
  • 上記のWebアドレスへのHTTPネットワークトラフィックが発生します。

TOPへ戻る

感染方法

・W32/HLLP.Philis.czはファイル感染型ウイルスです。バイナリファイルを手動で実行すると、感染が開始されます。

TOPへ戻る

駆除方法

■McAfee Labs は、常に最新のウイルス定義ファイルとエンジンの利用を推奨します。このウイルスは、最新のウイルス定義ファイルとエンジンの組み合わせで削除されます。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

TOPへ戻る