製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:デマ
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
Spartan-Horse
警告
これは、ウイルスとは少し違いますが、特に初心者や、ダイアルアップ接続によってインターネットにアクセスする人々に害を及ぼす汚いトリックです。このプログラムを実行すると、あなたのユーザ名とパスワードがインターネットの裏側に漏れてしまいます。これは、純粋なHTML言語で作成されている新種のSPARTAN HORSEであり、接続不良を装って、再接続のためと称してあなたのIDを尋ねてきます。

その方法はいたって単純です。まず、一定の間を置いてから、接続が失われたというメッセージが表示されます。この瞬間、接続を回復するための偽ウィンドウが表示され、接続用のユーザ名、パスワード、および電話番号を入力する仕組みになっています。

不慣れなユーザは、これを信用し、接続を回復させようと自分の情報を入力してしまうおそれがあります。

ユーザが「OK」をクリックすると、インターネットを介して、そのログインデータが世界のどこかにある秘密の領域に転送されます。「OK」をクリックすることによって、データはただちにハッカーに転送されます。

このプログラムは、実行コード(exe)を使用せず、自己複製はしません。このプログラムは、ハッカーが、罠をしかけるためにあらかじめ用意しているはずのホームページを訪れることによって、入手することが考えられます。

ユーザは、モデムの状態をチェックすることで、接続が本当に失われているかどうかを調べることができます。さらに、偽の接続ウィンドウのスクリプトは、JavaScriptプログラムであるため、Windowsの標準とは異なります。また、オリジナルの画面よりもかなり低速であり、どのフィールドも空白で、事前のユーザログイン情報が示されていないことから、偽画面を見分けるのは難しいことではありません。Netscapeを使用している場合でも、タイトルバーは常に、「Internet Explorer」となっています。

この警告メッセージを最近受け取ったばかりで、SPARTAN HORSEの罠にかかった可能性があると思われる場合は、ハッカーにアカウントを使用される前に、インターネットのパスワードをすみやかに変更してください。

ハッカーは、あなたのアカウントを使用して、あなたになりすましてアクセスし、電子メールを読むことができます。