製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:I
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
HTML/Internal
危険度
対応定義ファイル4002 (現在7506)
対応エンジン4.0.02以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名HTML.Prepend, HTML/Internal, HTML/Prepend.1670, VBS/Internal.1670, VBS/Internal.A, WScript.Internal
亜種HTML.ow.1152, HTML.cmp
発見日(米国日付)98/11/02
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法

セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
07/20RDN/Generic ...
07/20RDN/Generic ...
07/20Generic.bfr!...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7506
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 




これは、最初に発見されたHTMLウイルスであり、ウイルスと同じフォルダ内、またはその上にあるフォルダ内のすべてのHTMまたはHMTLファイルを上書きする単純なウイルスである。このウイルスは、HTMLファイルを、コンピュータにローカルに格納されているファイルから表示した場合にのみ実行され、ブラウザを使ってWebからダウンロードした場合には実行されない。また、Netscapeには対応せず、Microsoft Internet Explorer 4でのみ活動するようである。IE4のセキュリティをデフォルト設定しておくと、害を及ぼすおそれのある内容がページに含まれていることをユーザに警告し、実行すべきかどうかを尋ねるポップアップメッセージが表示される。このウイルスは、実際には大した脅威ではなく、またフィールドでもこのウイルスについての証拠はない。