ウイルス情報

ウイルス名

Icelandic

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7656)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 656, Disk Crunching Virus, Iceland, OneInTen, Saratoga2
亜種 Icelandic.655, Icelandic-IB, Icelandic-IC, Icelandic-ID, Icelandic-IE, Icelandic-II, Icelandic-III
発見日(米国日付) 89/06/01


Icelandicは、メモリ常駐型のファイル感染ウイルスで、.EXEファイルが10回実行されるごとに、.EXEファイルに感染する。

感染すると、システムメモリの最上位で、DOSの640K境界以下に常駐するようになり、割り込み21をフックする。

また、その他のファイルが割り込み13をフックしていないかどうかを調べることによって、メモリ常駐型のウイルス対策ユーティリティによる検出から逃れようとする。つまり、最初のIcelandicファイルが実行される前に、割り込み13がフックされていると、このウイルスはファイルへの感染を中止する。割り込み13がフックされていなければ、ファイルが10回実行されるたびに感染を試みる。