製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:I
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
Inky
危険度
対応定義ファイル4002 (現在7507)
対応エンジン (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名InkyGhost
発見日(米国日付)93/09/01
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法

セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
07/21Generic.tfr!...
07/21RDN/Generic ...
07/21Downloader.g...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7507
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 




Inkyは、メモリ常駐型ウイルスで、ディスケットのブートセクタに感染する。このウイルスは、Blinkyウイルスによって「ドロップ」される。

システムユーザが、Inkyウイルスに感染したディスケットを使ってシステムをブートしようとすると、Inkyウイルスがメモリに読み込まれ、画面には次のメッセージが表示される。

"Non-System disk or disk error. Replace and press any key when ready..."

ユーザが、書き込み保護の設定されていないディスケットに入れ替えると、Inkyウイルスが、新たに挿入されたディスケットのブートセクタに転送され、上記のメッセージが表示されて再びブートが失敗する。このプロセスは、ユーザがシステムの電源を落としてから、クリーンディスケットまたはシステムのハードディスクを使ってブートするまで続く。

Inkyウイルスは、ディスケットに感染すると、セクタ0に位置するブートセクタを上書きする。元のブートセクタは保存されない。

Inkyウイルス、すなわちInky Ghostウイルスは、1993年9月に確認された。これは、3つの関連ウイルスの1つであり、そのどれもが、パックマンという有名なビデオゲームのキャラクタの名前を持っている。Inkyは、メモリ常駐型ウイルスで、ディスケットのブートセクタに感染する。このウイルスは、Blinkyウイルスによって「ドロップ」される(Blinkyウイルスについては、その独自の項に説明がある)。システムユーザが、Inkyウイルスに感染したディスケットを使ってシステムをブートしようとすると、Inkyウイルスがメモリに読み込まれ、"Non-System disk or disk error. Replace and press any key when ready..."というメッセージが画面に表示される。ユーザが、書き込み保護の設定されていないディスケットに入れ替えると、Inkyウイルスが、新たに挿入されたディスケットのブートセクタに転送され、上記のメッセージが表示されて再びブートが失敗する。このプロセスは、ユーザがシステムの電源を落としてから、クリーンディスケットまたはシステムのハードディスクを使ってブートするまで続く。Inkyウイルスは、ディスケットに感染すると、セクタ0に位置するブートセクタを上書きする。元のブートセクタは保存されない。感染したブートセクタには、"[-Inky!-]" "[INKY Ghost] by PacMan and Associates Inc.""Non-System disk or disk error." "Replace and press any key when ready..."というテキスト文字列が格納される。Inkyウイルスをシステムディスクから除去するには、クリーンなシステムブートの後に、DOS SYSコマンドを実行する。データディスケット、すなわちシステムディスケット以外のディスケットの場合は、ディスクエディタを使ってセクタ0を上書きするか、ディスク上の各ファイルを未感染の新規ディスケットにコピーしてから感染ディスクを再フォーマットする必要がある。DOS 5またはそれ以降のバージョンのユーザは、/Uオプションを使って、ディスケットが実際に上書きされるのを確かめる必要がある。

感染したブートセクタには、次のテキスト文字列が格納される。

"[-Inky!-]" "[INKY Ghost] by PacMan and Associates Inc."
"Non-System disk or disk error." "Replace and press any
key when ready..."

MBRやブートセクタに感染するウイルスが、コンピュータに感染する唯一の原因は、感染したフロッピーディスクを使用してブートを試みることである。ディスケットのブートセクタには、そのディスケットがブート可能かどうかを判断し、"Non-system disk or disk error"というメッセージを表示するためのコードがある。このコードが、感染を隠蔽してしまう。この非システムディスクエラーメッセージが表示されるまでには、感染が行われている。ウイルスはいったん発動すると、ハードドライブのMBRに感染し、メモリ常駐型となるおそれがある。その後、ブートが行われるたびに、ウイルスはメモリにロードされて、そのマシンからアクセスしているフロッピーディスクに感染しようとする。