ウイルス情報

ウイルス名

WM/INCARNATE.A

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7628)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
発見日(米国日付) 97/07/01


Word Version6.x/7.x/97(Windows版、Macintosh版)で作動するマクロウイルスである。感染ファイルの構成マクロはAUTOEXEC, AUTOEXIT, AUTOCLOSE, FILECLOSE, FILESAVEAS, TOOLSMACROである。自動マクロ、システムマクロを使って発動するウイルスである。

Windows 3.xが作動しているマシンの場合、Word終了時に、WIN.INIの設定に変更を加え、WINDOWSディレクトリのファイルCONTROL.EXEを消去する。これは上記の設定をコントロールパネルから再修正させないことを狙ったものである。またファイルのクローズ時には、以下の文字列を文書の末尾に挿入する。 To end with, I would like to say...

To defy me is to bring upon my wrath... For I am CyberDarkness... I am Darkness Incarnate... I will Not be Denied!!! (c) 1997 CyberDarkness
(「結局、言いたいことは何かといえば...、私に逆らったら最後だということ。だって私はサイバーダークネス。暗闇の化身ですからね。消し去られることは決してありません。(c) 1997 CyberDarkness」)