ウイルス情報

ウイルス名

Win2K/Inta

種別 ウイルス
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4062 (現在7628)
対応エンジン 4.0.25以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 00/01/17
補足 初のWindows2000ウイルス
発見日(米国日付) 00/01/11
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法


これはWindows2000用に作られたウイルスです。このウイルスは、ファイルの空白領域にウイルスコードを書き込むという、Win95/CIHと同様のキャビティ・ファイリング技法を使っています。このウイルスは29Aというウイルス作成グループによって、理論の実証を目的として作成されたと思われます。

感染ルーチンにおいては、EXE、DLL、SCR、DRV、MPD、OCXなどの拡張子のファイルが感染対象とされています。

感染ファイル中には[Win2000.Installer] by Benny/29A & Darkman/29A という文字列が含まれますが、これは表示されることはありません。