製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:I
ウイルス情報
ウイルス名危険度
IMIServ.download Application
企業ユーザ: N/A
個人ユーザ: N/A
種別プログラム
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
N/A
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4602 (現在7600)
対応エンジン5.1.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日02/11/25
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
10/22Generic Down...
10/22Generic Down...
10/22FakeAV-M.bfr...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7600
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


概要TOPに戻る

ウイルスの特徴TOPに戻る
  • これはウイルスではなく、プログラムですが、トロイの木馬のような動きをします。このプログラムには、複数のバージョンがあり、動作にわずかな違いがあります。このプログラムは、再起動時に自身を起動する為、レジストリに下記のようなエントリを追加します。
    • HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\Win Server = "\WINSERV.EXE" and
    • HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\Winserver Updt = "\WUPDT.EXE"
  • これは、ポップアップ 広告によってインストールされるものと思われます。(それを突き止めるのは困難です。)これは、ソフトウェア インストール ウィンドウで "はい" をクリックするか、セキュリティ設定が低いか、Internet Explorer セキュリティ パッチを適用していないかで起こると思われます。このプログラムがシステム上に存在するか調べたい時は、コマンド ライン スキャナーで /PROGRAM スイッチをいれて使用して下さい。VirusScan 7 では、この種のプログラムを自動的に検出するオプションがあります。

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る

感染方法TOPへ戻る

駆除方法TOPへ戻る
不審なプログラムの検出と削除を有効/無効にする。