製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:I
ウイルス情報
ウイルス名危険度
W32/Ixas@MM
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別ワーム
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4248
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4248 (現在7544)
対応エンジン4.1.60以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名I-Worm.Ixas (AVP) :W32/GvoWFI.A@MM (F-Prot)
亜種
情報掲載日03/02/14
発見日(米国日付)03/02/11
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
08/30FakeAV-M.bfr...
08/30Generic.tfr!...
08/30PWS-Mmorpg.g...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7544
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


ウイルスの特徴TOPに戻る

・W32/Ixas@MMは大量メール送信型ウイルスです。Windows Address Bookから電子メールアドレスを収集し、自身のSMTPエンジンを使用して、収集したアドレスのすべてに以下のような電子メールを送信します。

件名(および本文):以下のいずれか

●Gift for you
●Urgent NEWs
●EBAY Update
●Antivirus Update
●Urgent Windows UPDATE
●Hi, look this attachment
●Hello, please wisit this nice site

添付ファイル:MUOSFV.EXE

送信者:(ランダムな文字)@delfi.lt

・W32/Ixas@MMは、c:\windows\systemディレクトリに、ランダムに組み合わせた複数の文字に拡張子“.exe”を加えたファイル名で自身をコピーします。そしてWindows起動時に自身を読み込むように、対応するレジストリキーを作成します。

●HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
Run "(ランダムなファイル名)" = "(ランダムなファイル名).exe"

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る

・上記のファイル、レジストリキーが存在します。

感染方法TOPへ戻る

・W32/Ixas@MMは、Windows Address Bookのコンタクトリストにあるすべてのアドレスに自身を送信します。