ウイルス情報

ウイルス名 危険度

IMIServ.download Application

企業ユーザ: N/A
個人ユーザ: N/A
種別 プログラム
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
N/A
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4602 (現在7656)
対応エンジン 5.1.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 02/11/25
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

  • これはウイルスではなく、プログラムですが、トロイの木馬のような動きをします。このプログラムには、複数のバージョンがあり、動作にわずかな違いがあります。このプログラムは、再起動時に自身を起動する為、レジストリに下記のようなエントリを追加します。
    • HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\Win Server = "\WINSERV.EXE" and
    • HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\Winserver Updt = "\WUPDT.EXE"
  • これは、ポップアップ 広告によってインストールされるものと思われます。(それを突き止めるのは困難です。)これは、ソフトウェア インストール ウィンドウで "はい" をクリックするか、セキュリティ設定が低いか、Internet Explorer セキュリティ パッチを適用していないかで起こると思われます。このプログラムがシステム上に存在するか調べたい時は、コマンド ライン スキャナーで /PROGRAM スイッチをいれて使用して下さい。VirusScan 7 では、この種のプログラムを自動的に検出するオプションがあります。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

TOPへ戻る

感染方法

TOPへ戻る