ウイルス情報

ウイルス名

X97M/Jini.a1

種別 ウイルス
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4093
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4093 (現在7656)
対応エンジン 4.0.70以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 00/09/01
発見日(米国日付) 00/08/15
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法


  • Excelのワークブックに感染するマクロウイルスです。

  • 日付起動型の発病ルーチンがあります。

  • この発病ルーチンは、メッセージボックスでセルデータを表示するか、テキストメッセージボックスを表示します。

  • 発病ルーチンが起動するのは、最初に感染してから30日以上経過してからです。

  • "Module1"というマクロモジュールに存在します。

  • OfficeのXLSTARTフォルダに"SHN.XLS"というドロッパファイルを作成しようとします。

  • Excelが起動すると、ドロッパファイルは開いているファイルを読み込んで、感染します。

  • ユーザマクロがXLSTARTフォルダにあるワークブックに存在する場合は、このウイルスによって置換されます。

  • マクロ警告が有効な状態で、Excelの感染ワークブックを開くと、マクロ警告が機能します。