ウイルス情報

ウイルス名

Jerusalem.Ah

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7628)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 Ah, David-1173, Tuesday
亜種 Ah-B
発見日(米国日付) 91/05/01


Jerusalem.Ahは、メモリ常駐ステルス型のファイル感染ウイルスで、.COMファイルに感染する。このウイルスは、SmackやEnigmaなど、イタリアで作成された他のいくつかのウイルスと同じ人物が作成したと考えられている。

感染すると、システムメモリの最上位で、DOSの640K境界以下に常駐するようになり、割り込み08および21をフックする。

また、いったんメモリに常駐すると、長さが1Kを超える.COMファイルが実行された場合に、そのファイルに感染する。