ウイルス情報

ウイルス名

JoJo

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7656)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
亜種 JoJo-B, JoJo-C
発見日(米国日付) 90/05/01


JoJoは、メモリ常駐型のファイル感染ウイルスで、.COMファイルに感染する。このウイルスは、Cascadeウイルスに基づいているが、同じ暗号化メカニズムは使用しない。

感染すると、メモリ内のコマンドインタープリタを変更して、そのサイズを拡張し、メモリに常駐するようになる。

割り込み13が他のファイルに使用されている場合、JoJoウイルスはファイルに感染しない。

また、メモリに常駐して、割り込み13をフックするようになると、.COMファイルが実行された場合に、そのファイルに感染する。