ウイルス情報

ウイルス名 危険度

VBS/Jord.a

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4198
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4198 (現在7634)
対応エンジン 5.1.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 02/04/25
発見日(米国日付) 02/04/23
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法


概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

  • このウイルスは、W32/Trilisa.vbsとして検出されます。このウイルスは、自身のコピーをORD.doc.vbs、ORD_photo.jpg.vbs、およびJERRY.vbsとして、WindowsのFontディレクトリ内に作成します。
    その後、このウイルスは、レジストリ キーを次のように編集します。
    • HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\Please...,<WINDOWS font directory>\JERRY.vbs"
  • HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\International\iCountry = 34
    を検索し、見つからない場合、次のキーを作成します。
    "HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Singapore","0"

    上記のレジストリ キーの値が 34 の場合、次のキーを作成します。
    "HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Singapore","1"

  • レジストリ キー"HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Singapore"の値が1ではない場合、このウイルスは、破壊的な発病ルーチンを実行します。
    次のファイルが、固定、ネットワーク、およびRAMディスク ドライブから削除されます。
    • *.ace
    • *.asf
    • *.asm
    • *.arj
    • *.avi
    • *.bmp
    • *.doc
    • *.gb
    • *.gba
    • *.gbc
    • *.gif
    • *.jpeg
    • *.jpg
    • *.js
    • *.lhz
    • *.log
    • *.mdb
    • *.mid
    • *.mod
    • *.mov
    • *.mp
    • *.mp2
    • *.mp3
    • *.mpeg
    • *.mpg
    • *.pdf
    • *.ppt
    • *.rar
    • *.rm
    • *.rtf
    • *.smc
    • *.txt
    • *.wav
    • *.wp
    • *.xls
    • *.zip
    • regedit.*
    • regedb32.*
  • 6月12日に下記のメッセージが表示されます。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

  • 上記のメッセージが表示され、上記ファイルリストが削除されている。下記のファイルがWindows Font ディレクトリに存在する。
    • ORD.doc.vbs
    • ORD_photo.jpg.vbs
    • JERRY.vbs

TOPへ戻る

感染方法

TOPへ戻る

駆除方法


■現行のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

WindowsNT用のWebShield SMTPをFile Filteringと一緒に使用して下さい。(Solarisには適用できません)
  • 設定コンソールの中のコンテンツフィルタリングを選択します。
  • 「追加」を選びます。
  • 「VBSBlock」のようにコンテンツフィルタリングのルールを追加します。
  • .vbsのフィルタをオンにします。
  • 「OK」を選びます。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

AVERT推薦アップデート

TOPへ戻る