製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:K
ウイルス情報
ウイルス名危険度
Keylog-SCLog
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4237
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
6595 (現在7401)
対応エンジン5.1.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名TROJ_SPY.SCKL (Trend)
Trojan.Spy.SCKeyLog (AVP)
Win32.SCKeyLog (CA)
情報掲載日02/12/25
発見日(米国日付)02/12/05
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
03/31RDN/Generic....
03/31StartPage-NY...
03/31PWS-Banker.g...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7401
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


概要TOPに戻る

ウイルスの特徴TOPに戻る

・Keylog-SCLogはスパイウェア型トロイの木馬で、SC-KeyLogアプリケーションで作成されています。このアプリケーションは、他人をスパイするキーロガーを作成するように設計されています。コマンドラインスキャナまたは“/PROGRAM”スイッチ(もしくはVirusScan 7)を使用すると、このアプリケーションは“Keylog-SC”として検出されます。アプリケーションが作成するトロイの木馬は“Keylog-SCLog”として検出されます。

・このトロイの木馬は作成時にさまざまなオプションを指定するので、サンプルはそれぞれ異なっています。したがって、この情報はほんの一例に過ぎません。新しい亜種の検出には、最新の定義ファイルとエンジンファイルが必要になる場合があります。

・このウイルスが実行されると、ウイルス作成者が指定した任意のテキストを含むメッセージボックスを表示することがあります。

・通常、WINDOWS SYSTEMディレクトリに以下のいずれかのファイル名を使用して実行ファイルのコピーを作成します(ただし、有効なファイル名であれば、あらゆるファイル名が使用される可能性があります)。

●explorer
●mnsvcsp
●ntvdscm
●secsrvc
●scklchk
●sysfrcx
●fatrecov
●tapiexec
●win_spool2

・次のレジストリ実行キーを作成します。

●HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\RunServices "%filename%" = %trojan path%

・SYSTEMディレクトリに.DATファイルを作成して、入手した感染システムのイベント情報を格納することもあります。イベントログには、ユーザのログオン/シャットダウンのデータ、アプリケーション(.exeファイル、.dllファイル)の使用、クライアントのIPアドレスまたはキー入力などがあります。このデータはログを取られ、通常、ウイルス作成者が指定したアドレスとメール送信に使用されるSMTPサーバに送信されます。

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る

パーソナルファイアーウォールプログラムが、外部アプリケーションによるインターネットアクセスを警告する。

感染方法TOPへ戻る
・トロイの木馬は自己複製せず、有能な機能を持っているように見せかけた実行ファイルをユーザが手動で実行することで繁殖する。IRC、ピアツーピアネットワーク、ニュースグループへの投稿、電子メールなどを通じて配布される。

駆除方法TOPへ戻る
■指定のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

システムスタートアップをフックするためのシステムレジストリ、INIファイルの修正は、推奨エンジン/ウイルス定義ファイル以上を使用した場合は正常に駆除されます。

Windows ME/XPでの駆除についての補足