製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:K
ウイルス情報
ウイルス名危険度
W32/Klexe@MM
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別ワーム
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4274
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4274 (現在7576)
対応エンジン4.1.60以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名W32/Klexe.worm
情報掲載日03/07/01
発見日(米国日付)03/06/28
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
09/28RDN/Generic ...
09/28RDN/PWS-Bank...
09/28RDN/Spybot.b...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7576
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


ウイルスの特徴TOPに戻る

・W32/Klexe@MMは大量メール送信型ワームで、Microsoft outlookを介して繁殖します。

・W32/Klexe@MMは、以下のような電子メールメッセージで届きます。


件名:Re:
本文:You received this email because you where sent a 'pass this on e-messenger card' through one of our valued partners. If you believe you received this message in error or would no longer like to receive e-mail from us click here http://www.geocities.com/ecardmessenger/us.htm

To download your card click on the link below:

http://www.geocities.com/ecardmessenger/blocked.zip

P.S. If you received this message but do not know the sender or wish to unsubscribe or if you have any questions, please mail to services@emmsconline.com.


・電子メールメッセージ内のリンクをクリックすると、以下の2つのファイルをダウンロードします。

  • ecmsetup1.exe
  • kl.exe

・ecmsetup1.exeファイルを実行すると、 Outlookのグローバルアドレスリストにあるすべてのアドレスに上記の電子メールメッセージを送信します。

・kl.exeファイルを以下にコピーします。

  • c:\windows\startm~1\programs\startup\Windows Explorer.exe
  • d:\windows\startm~1\programs\startup\Windows Explorer.exe
  • e:\windows\startm~1\programs\startup\Windows Explorer.exe
  • f:\windows\startm~1\programs\startup\Windows Explorer.exe

・デフォルトのSMTPサーバを使用して、cardvict@rediffmail.comに電子メールメッセージを送信します。

・送信するメッセージは、ローカルマシン名、IPアドレス、ユーザ名、および現在時刻を含んでいます。

・以下のエラーメッセージボックスを表示します。

・kl.exeファイルにはキーロガー機能もあり、cardmessenger@rediffmail.comに情報を送信します。

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る
・Outlookを介して、大量メール送信ルーチンを実行します。

・上記のファイルが存在します。

感染方法TOPへ戻る

・W32/Klexe@MMは、Microsoft Outlookを介して繁殖します。

駆除方法TOPへ戻る
■現行のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

Windows ME/XPでの駆除についての補足