ウイルス情報

ウイルス名

K-4B

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7661)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
発見日(米国日付) 93/06/01


K-4Bは、メモリ常駐型のファイル感染ウイルスで、.COMファイルに感染する。

感染すると、使用可能な空きメモリにコードをインストールし、割り込み03をフックする。ウイルスは、このコードを自己複製のために使用するのではなく、ウイルスの分析を妨害するために使用し、それによって、デバッガの使用に対する抵抗を一層強めている。このウイルスは、現行ディレクトリ内の1つの.COMファイルに感染する。

また、いったんメモリに常駐すると、感染ファイルが実行されるたびに、1つの.COMファイルに感染する。