ウイルス情報

ウイルス名 危険度

Keylog-Ramb

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4352
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4352 (現在7659)
対応エンジン 4.2.40以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 04/04/16
発見日(米国日付) 04/04/15
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

ウイルスの特徴

・Keylog-Rambはキーロギングをするトロイの木馬で、ターゲットマシンからデータを詐取するように作成されています。以下の2つのコンポーネントで構成されます。

  • ターゲットマシンに自身をインストールするEXEファイル。システムの起動をフックします。
  • 上記のEXEファイルでドロップ(作成)されたDLLファイル。このDLLファイルはターゲットマシンのEXPLORER.EXEプロセスに挿入されます。この技術はパーソナルファイアウォール保護を回避する手段としてよく利用されます(EXPLORER.EXEでは、通常パーミッションの外部のプロセスを許可していません。)。

・Keylog-Rambは自身のSMTPエンジンを内蔵して、詐取したデータを含む送信メッセージを作成します。

・以下のファイルをターゲットマシンのWindowsSystemディレクトリにドロップ(作成)します。

  • %SysDir%\SVCROOT.EXE(8,704バイト)
  • %SysDir%\SVCROOT.DLL(5,120バイト)

・以下のレジストリキーを追加して、システムの起動をフックします

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\ CurrentVersion\Run "explorer" = %SysDir%\SVCROOT.EXE

・記録されたキーストローク(関連するアプリケーションと共に)がWindowsSystemディレクトリの以下のファイルに書き込まれます。

  • %SysDir%\GDISYS32.DLL

・Keylog-RambはInternet Explorer(IEXPLORE.EXE)セッションに固有の詳細内容も記録します。表示中のページのファイル名およびそのセッションに入力されたキーストロークと共に、ウィンドウのタイトル(一般にはHTML内のタイトル)を記録します。このデータを以下のファイルに記録します。

  • %SysDir%\MSNSYS32.DLL

・Keylog-Rambは自身のSMTPエンジンを使用して、収集したデータを含む電子メールのメッセージを作成します。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

・システムの起動時に以下のメッセージボックスが表示されます。

・EXPLORER.EXEが以下のリモートサーバにDNS検索を行うように、パーソナルファイアウォールに指示します。

  • smtp.hotbox.ru(メール送信に使用)
  • irc.ircnet.ru

・ファイルとレジストリキーは上記のとおりです。

TOPへ戻る

感染方法

・Keylog-Rambはトロイの木馬で、ターゲットマシンからデータを詐取します。

TOPへ戻る

駆除方法

■指定のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

システムスタートアップをフックするためのシステムレジストリ、INIファイルの修正は、推奨エンジン/ウイルス定義ファイル以上を使用した場合は正常に駆除されます。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

TOPへ戻る