製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:K
ウイルス情報
ウイルス名危険度
W32/Korgo.worm.s
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4368
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4368 (現在7401)
対応エンジン4.2.40以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日04/07/02
発見日(米国日付)04/06/30
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
03/31RDN/Generic....
03/31StartPage-NY...
03/31PWS-Banker.g...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7401
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


ウイルスの特徴TOPに戻る
・W32/Korgo.worm.sは自己実行型ワームで、以下のMicrosoft Windowsのセキュリティホールを利用することで繁殖します。 ・W32/Korgo.worm.sはランダムなファイル名で繁殖し、リモートアクセスサーバとして動作して、攻撃者がセキュリティホールのあるシステムを制御できるようにします。

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る
・W32/Korgo.worm.sは、ランダムなファイル名を使用してWindows Systemディレクトリ(例:c:\windows\system32)に自身をコピーし、システムの起動時に自動的にワームをロードするレジストリ実行キーを作成します。
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run "System Update" = C:\WINDOWS\System32\[ランダムな名前] .exe
・さらに、以下のマーカーキーを作成します。
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Wireless
・W32/Korgo.worm.sは身を潜め、Windows explorer.exeのスレッドとして自身を隠します。そのため、タスク マネージャのプロセスリストには表示されません。

・W32/Korgo.worm.sはWindowsエクスプローラのプロセスにスレッドコードを挿入します。エクスプローラに挿入されたスレッドはTCPポート113およびその他のランダムなポートで受信待機を行います。

・また、TCPポート6667上で以下のIRCサーバに接続します。
  • broadway.ny.us.dal.net
  • brussels.be.eu.undernet.org
  • caen.fr.eu.undernet.org
  • ced.dal.net
  • coins.dal.net
  • diemen.nl.eu.undernet.org
  • flanders.be.eu.undernet.org
  • gaspode.zanet.org.za
  • graz.at.eu.undernet.org
  • lia.zanet.net
  • london.uk.eu.undernet.org
  • los-angeles.ca.us.undernet.org
  • lulea.se.eu.undernet.org
  • moscow-advokat.ru
  • ozbytes.dal.net
  • qis.md.us.dal.net
  • vancouver.dal.net
  • washington.dc.us.undernet.org
  • viking.dal.net

感染方法TOPへ戻る
・W32/Korgo.worm.sはセキュリティホールのあるMicrosoft Windowsシステムを利用します。クラスAまたはクラスBのサブネットのIPアドレスとランダムなIPアドレスをスキャンして、TCPポート445上でSNYパケットを送信して、ターゲットマシンを識別します。次に、セキュリティホールを突いたコードをホストに送信して、ターゲットシステム上のLSASS.EXEのバッファをオーバーフローさせ、ウイルスを実行します。

駆除方法TOPへ戻る
■指定のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

Windows ME/XPでの駆除についての補足