製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:L
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
Lilith
このウイルスは、元のパーティションセクタをシリンダ0、ヘッド0、セクタ12に再配置する。Lilithは、数種のポリモアフィック型ブートセクタウイルスの1つである。ステルステクニックを使って、パーティションセクタに対する変更を隠蔽するが、フロッピーディスクのブートセクタに対する変更は隠蔽しない。

Lilithは、2KBのDOSメモリを使用する。このことは、CHKDSKを使って確認することができる。コンベンショナルメモリが640KBのPCでは、「653312 total bytes memory」(合計メモリ653,312バイト)と報告される。

ウイルス内のテキストによると、Lilithは、1995年にイタリアのミラノで作成された。

ハードディスクのパーティションセクタ、PCでアクセスされたフロッピーディスクのブートセクタ。