ウイルス情報

ウイルス名

XM/Laroux.R

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7634)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方


XM.Laroux.R は、Personal2.XLS とMS-Excelのワークシートファイルに感染するマクロウイルスである。 このウイルスは、AutoOpenとCheck_files という名前のウイルスマクロにより構成され、ワークシートファイルをアクティブにするタイミングで感染の影響を与える。

従来の XM.Larouxウイルスでは、MS-Excelシステムへの感染のためにPersonal.XLSファイルへ感染しましたが、このウイルスでは、新たに別のパーソナルマクロブックを生成するという特徴がある。また、ウイルスマクロのシート名に laroux という言葉を用いている特徴がある。

このウイルスには、発病に相当する機能は特に認められない。