製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:L
ウイルス情報
ウイルス名危険度
VBS/Loveletter.CD@MM
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4114
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4114 (現在7607)
対応エンジン4.0.70以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日01/02/09
発見日(米国日付)01/02/07
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
10/29RDN/Generic....
10/29Generic.bfr!...
10/29Generic Drop...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7607
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


概要TOPに戻る

ウイルスの特徴TOPに戻る
  • このウイルスはウイルススキャンでは、VBS/Loveletter@MMという一般名称で検出されます。

  • このウイルスは、VisualBasicScript ウイルスです。Outlookメッセージング機能のVBScript機能を悪用して、他のシステムに繁殖します。

  • このウイルスは以下の形式のメールの添付ファイルとして送信されます。

    件名C'una cartolina per te!
    本文Ciao, un tuo amico ti ha spedito una cartolina virtuale... mooolto particolare!
    添付ファイルCartolina.vbs

  • ここで不用意に添付ファイルをクリックしてしまうと、大量のメールが知らないうちに送信されてしまい、他の人にウイルスを配布してしまうことになるばかりか、場合によってはメールサーバーをパンクさせてしまうこともありえます。

  • また、添付ファイルをクリックした場合、同名のファイルがSystemフォルダに作成されます。

  • その他、このウイルスの動作として、Internet Explorerのスタートページを、http://www.vije.it に変更するという物があります。

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る

感染方法TOPへ戻る

駆除方法TOPへ戻る