ウイルス情報

ウイルス名 危険度

LeakTest

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 プログラム
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4169 (現在7628)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 02/10/02
発見日(米国日付) 01/11/01
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

  • "LeakTest" はウイルスでも、トロイの木馬でもありません。"プログラム"型(悪意のあるプログラムではないが、予期しないオブジェクトが検出されたもの)の検出です。

  • このプログラムは、どのようにアプリケーションがファイアーウォールをバイパスするかのデモンストレーションです。システムには、全くダメージも情報も与えません。

  • 3つのバージョンが知られています。

    • 1.02 -27,648 バイト − PECompact 圧縮がされているもの。
    • 1.1 -25,600 − UPX 圧縮と UPX 著作権文書が削除されているもの。

  • "プログラム"型の検出は、普通機能しません。コマンド ライン スキャナーで、/PROGRAM cmd-line スイッチを使用するか、Webshield e250/e500 のフィルタリング機能で可能です。VirusScan (6.0.2) だけは、ヒューリスティック モードで"プログラム"が検出できます。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

TOPへ戻る

感染方法

TOPへ戻る

駆除方法

TOPへ戻る