ウイルス情報

ウイルス名 危険度

LogOff

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4364
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4367 (現在7656)
対応エンジン 4.2.40以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 04/06/09
発見日(米国日付) 04/06/02
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

ウイルスの特徴

・元々、「logoff.exe」、「format.exe」という名前の悪質なファイルで検出されていましたが、現在は、内部のパッケージングや動作時に表示されるメッセージが若干異なる4つの亜種が存在します。

・実行時、上記のGUIメッセージボックスが表示されます。ハードディスクのフォーマットを擬装していますが、実際には、ユーザをログアウトしようとします。一部のシステムでは成功しますが、それ以外の変更はありません。しかし、Windows 2003でファイルをテストしたところ、深刻なエラーが発生し、すぐにシステムが終了しました。保存していない作業が失われる以外にも、次のシステムの起動時にエラーが原因でシステムが不安定になる可能性があります。

・VirusScanは自動的に不正なプロセスを中止し、ファイルを削除できますが、「logoff.exe」および「format.exe」の両プロセスは[Windowsタスク マネージャ]の[プロセス]リストに表示されるため、手動で中止することもできます。また、[アプリケーション]タブでプロセスを終了することもできます。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

  • 上記のファイルサイズと同じファイルが存在します。
  • 説明なしに突然ログアウトします。
  • 説明なしに突然システムが終了します。

TOPへ戻る

感染方法

・トロイの木馬は自己複製しません。多くの場合、その実行可能ファイルに何らかの益があると思わせて手動で実行させることにより繁殖します。IRC、ピアツーピアネットワーク、ニュースグループへの投稿、電子メールなどを通じて配布されます。

TOPへ戻る

駆除方法

TOPへ戻る