ウイルス情報

ウイルス名 危険度

W32/LastScene.a@MM

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 ウイルス
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4180
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4180 (現在7634)
対応エンジン 5.1.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 Trojan/Scenes (Panda)
TrojanDropper.Win32.Small.o3 (AVP)
VBS/LastScene@MM
W32/LastScene@MM
WORM_COUPLE.A (Trend)
亜種 W32/LastScene.b@MM
W32/LastScene.c@MM
情報掲載日 02/01/17
発見日(米国日付) 02/01/08
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法


概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

  • DAT4141以降では、ウイルス メーリング ルーチンを実行するVBScriptは、VBS/Generic@MMとして検出されます。
  • このメール大量送信型ウイルスは、リモート アクセス型トロイの木馬(ダウンローダ のトロイの木馬)を落とし込み、.ZIPと.WRIファイルを利用して、その繁殖ルーチンを実行します。
  • このウイルスは、次のような内容の電子メールで配信されます。

    件名: Scene from last weekend.
    本文: Please do not forward!!!
    添付ファイル: scenes.zip

  • 現行ロケーションからSCENES.ZIPファイルを開くと、コピーがWINDOWS TEMPディレクトリに保存されます。
  • ウイルスが自身のプログラムを他のユーザに配信するためには、SCENES.ZIPファイルが現行ロケーションに保存される必要があります。他のロケーションに保存されると、ウイルスは配信されません。
  • SCENES.ZIPには、SCENES.WRIが含まれています。このファイルはWrite用文書で、埋込み型オブジェクトが含まれています。オブジェクト名は、"scenes1.jpg"と"scenes2.jpg"です。
  • アイコンをクリックすると、埋め込み型オブジェクトがディスクに書き込まれ、アクセスされます。
  • "scenes1.jpg"は、Results.exe、Multidropperトロイの木馬(JPG画像が含まれている)、Downloader-Bトロイの木馬(DAT4121以降を使用すると検出される)、BackDoor-RSトロイの木馬、.VBSファイル(DAT4141以降を使用するとVBS/Generic@MMとして検出されるメール大量送信型ウイルス)にリンクします。
  • "scenes2.jpg"は、他のJPGファイルにリンクします。
  • これらの画像が表示されている間に、トロイの木馬と.VBSファイルが実行されます。
  • VBScriptファイルは、MAPIを使用して、WINDOWS TEMPディレクトリにあるSCENES.ZIPファイルを、Microsoft Outlookのアドレス帳に登録されているすべての宛先に配信します。ファイルが配信された後、電子メールは削除されます。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

TOPへ戻る

感染方法

TOPへ戻る

駆除方法

■現行のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

システムスタートアップをフックするためのシステムレジストリ、INIファイルの修正は、推奨エンジン/ウイルス定義ファイル以上を使用した場合は正常に駆除されます。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

TOPへ戻る