製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:M
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
Monkey
危険度
対応定義ファイル4002 (現在7577)
対応エンジン (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名Empire.Monkey, Stoned Empire Monkey, Stoned.Monkey
亜種Monkey.A, Monkey.B, Stoned.Empire.Monkey.B
発見日(米国日付)92/10/01
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法

セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
09/29RDN/Generic ...
09/29RDN/Generic....
09/29RDN/Generic ...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7577
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 




Monkeyは、メモリー常駐型ウイルスで、ハードディスクのマスタブートレコード(MBR)およびディスケットのブートセクタに感染する。また、ステルス型ウイルスでもあり、メモリーに常駐すると、ハードディスクおよびディスケットへの感染を隠蔽する。

Monkeyウイルスに感染したディスケットを使って初めてシステムがブートされたときに、このウイルスは、メモリーに常駐するようになり、ハードディスクのMBRにも感染する。また、割り込み12のリターンを9FC0に移動する。システムのハードディスク上では、ウイルスコードからなる1つのセクタをサイド0、シリンダ0、セクタ3に書き込み、このセクタを指すようにMBRを変更する。また、MBRを暗号化し、ハードディスクの3番目のセクタにそれを再配置する。

Monkeyは、いったんメモリーに常駐すると、書き込み保護が設定されていないディスケットが感染システムからアクセスされた場合に、そのディスケットに感染する。

Monkeyウイルスは、1992年10月に受信された。これは、メモリー常駐型ウイルスであり、ハードディスクのマスタブートセクタ(パーティションテーブル)およびディスケットのブートセクタに感染する。また、ステルス型ウイルスでもあり、メモリーに常駐すると、ハードディスクおよびディスケットへの感染を隠蔽する。Monkeyウイルスに感染したディスケットを使って初めてシステムがブートされたときに、このウイルスは、メモリーに常駐するようになり、ハードディスクのマスタブートセクタにも感染する。DOS CHKDSKプログラムが示すように、システムメモリーと使用可能な空きメモリーの合計は、1,024バイト減少する。このウイルスは、割り込み12のリターンを9FC0に移動する。システムのハードディスク上では、ウイルスコードからなる1つのセクタをサイド0、シリンダ0、セクタ3に書き込み、このセクタを指すようにマスタブートセクタを変更する。Monkeyは、いったんメモリーに常駐すると、書き込み保護が設定されていないディスケットが感染システムからアクセスされた場合に、そのディスケットに感染する。360Kの5.25インチディスケットの場合、このウイルスは、ウイルスコードからなるセクタを、ルートディレクトリの最後のセクタであるセクタ11に書き込んで、ブートセクタを変更する。1.2Mの5.25インチディスケットの場合は、ウイルスコードからなるセクタをセクタ28(同じくルートディレクトリの最後のセクタ)に配置する。上書きされたディレクトリセクタに、もともとディレクトリエントリが存在していた場合は、対応するファイルがアクセス不能になる。Monkeyは、ステルス型ウイルスであり、メモリーに常駐すると、システムのハードディスク、ディスケットのいずれにおいても検出することはできない。さらに、書き込み保護が設定されたクリーンなシステムディスケットを使ってシステムをブートした後に、システムのハードディスクはアクセス不能になり、"Invalid drive specification"というメッセージが表示されるので、ウイルスの除去は阻止される。Norton Disk Doctorを使用すると、マスタブートセクタを再構築して、システムのハードディスクからMonkeyウイルスを除去することができる。DOS SYSコマンドを使用して、感染したシステムディスケット上のブートセクタを置換することができる。

システムメモリーと使用可能な空きメモリーの合計は、1,024バイト減少する。360Kの5.25インチディスケットの場合、このウイルスは、ウイルスコードからなるセクタをルートディレクトリの最後のセクタであるセクタ11に書き込んで、ブートセクタを変更する。1.2Mの5.25インチディスケットの場合、ウイルスコードからなるセクタをセクタ28(同じくルートディレクトリの最後のセクタ)に配置する。上書きされたディレクトリセクタに、もともとディレクトリエントリが存在していた場合は、対応するファイルがアクセス不能になる。

感染していないシステムディスケットを使ってブートした後にC:ドライブにアクセスすると、次のメッセージが表示される。

"Invalid drive specification"

また、ディスケット上のディレクトリも破壊されるおそれがある。

MBRやブートセクタに感染するウイルスが、コンピュータに感染する唯一の原因は、感染したフロッピーディスクを使用してブートを試みることである。ディスケットのブートセクタには、そのディスケットがブート可能かどうかを判断し、"Non-system disk or disk error"というメッセージを表示するためのコードがある。このコードが、感染を隠蔽してしまう。この非システムディスクエラーメッセージが表示されるまでには、感染が行われている。ウイルスはいったん発動すると、ハードドライブのMBRに感染し、メモリーに常駐するおそれがある。その後、ブートが行われるたびに、ウイルスはメモリーにロードされて、そのマシンからアクセスしているフロッピーディスクに感染しようとする。