製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:M
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
W97M/Marker.x
危険度
対応定義ファイル4040 (現在7495)
対応エンジン4.0.25以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
発見日(米国日付)99/06/01
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法

セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
07/09Downloader.g...
07/09RDN/Download...
07/09RDN/Generic....
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7495
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 




W97M/Marker.X は"In the Wild"として1999年9月に初めてワイルドリストに登録された。 W97M/Marker.X は Word 97 の文書に感染する。Word 97 のマクロ警告機能をオフにする。このウイルスは、ThisDocument というモジュールで構成される。このマクロウイルスは、Word の NORMAL.DOT ファイルに感染する。

2月22日に、ある文書を閉じると、このウイルスは C: のルートディレクトリに保存されているファイルをすべて削除する。

OK と Cancel のどちらをクリックしても、このウイルスコードはループの状態となる。このため、このメッセージ ボックスは際限なく表示される。

W97M/Marker.X はわずかにポリモルフィック性を有している。マクロウイルスのソース コードに1行おきにコメントの行を挿入する。コメントの行には、MS-Office の登録ユーザ名、アクティブな文書の名前、日時が含まれている。

W97M/Marker.X には以下のテキスト(画面には表示されない)が含まれている。

"Yugoslavia" 'nuthin' to do with the GeNiUs just needed a marker