製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:M
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
W97M/Murke.a
種別ウイルス
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4077
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4077 (現在7509)
対応エンジン4.0.50以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日00/05/11
発見日(米国日付)00/04/19
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法

セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
07/23RDN/Generic....
07/23RDN/Generic....
07/23FakeAV-M.bfr...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7509
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 




これは Word97/2000 の文書とテンプレートに感染するクラスモジュール型マクロウイルスです。このウイルスは、文書を閉じるという Word イベントをフックします。

このウイルスは、マクロ保護の設定を無効にし、またグローバル テンプレートの設定変更を保存するよう促します。

このウイルスは、そのウイルス コードの始めに、ロシア語のコメントを含んでいますが、画面に表示されることはありません。

このウイルスに感染した文書を、感染していないシステム上で開くときにのマクロ警告。

このウイルスに感染した文書は30%の確率で、プロパティが改変されます。以下のプロパティが特定の値に設定されます。

タイトル = "Murka3"
作成者 = "M&M"

上記のプロパティは、エクスプローラで文書を右クリックするか、Word のメニュー オプション([ファイル]→[プロパティ]→[ファイルの概要])で表示できます。

注意:ファイルからウイルスを駆除しても、プロパティは変更されたままの状態になります。この場合、手作業で修正して下さい。