製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:M
ウイルス情報
ウイルス名危険度
MultiDropper-FL
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4252
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4253 (現在7508)
対応エンジン4.1.60以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日03/03/10
発見日(米国日付)03/03/06
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
07/22RDN/Generic....
07/22RDN/Generic....
07/22Generic.tfr!...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7508
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


ウイルスの特徴TOPに戻る

2003年3月7日更新情報

・AVERTでは、MultiDropper-FLの新しい亜種についての報告を受けました。この新しい亜種はIPC$共有を利用し、Microsoftネットワークを介して他のシステムにアクセスを試みるようですが、この情報掲載時点のAVERTのテストでは実行されませんでした。この新しい亜種は、以下のレジストリエントリを作成しません。

・MultiDropper-FLは悪質なソフトウェアで、マルチドロッパファイルの末尾に含まれる1つ、または複数のトロイの木馬を、密かにインストールまたはドロップ(作成)するよう作成されています。

・このマルチドロッパが実行されると、ファイルに含まれるトロイの木馬をTempディレクトリにコピーし、実行します。

・通常のマルチドロッパファイルは、ターゲットマシンにファイルを落とし込んで実行するだけで、自身をターゲットマシンにインストールしません。しかしMultiDropper-FLは以下のレジストリキーでレジストリをフックして、Windowsの起動時に再度ファイルを落とし込みます。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
    "NAV Live Update" = %Trojan File%

・このマルチドロッパファイルは、含んでいるトロイの木馬によってサイズが異なり、圧縮されています。

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る

・ターゲットマシンに新しいファイルが落とし込まれます。
(AVERTに提出されたサンプルでは、IRC-Sdbot、BackDoor-JZ、およびProcKill-AFとして検出されます。)

・(トロイの木馬IRC-Sdbotから)過剰なトラフィックを受信します。

感染方法TOPへ戻る

・このマルチドロッパ型トロイの木馬は、ターゲットシステム上に他のファイルを落とし込み実行するだけで、自己複製しません。IRC、ピアツーピアファイル共有ネットワーク、ニュースグループへの投稿または電子メールの添付ファイルなどを介して配布されるようです。ユーザの注意を引いて実行させるようなファイル名(例:NEW_YEAR.EXE)を使用します。