ウイルス情報

ウイルス名 危険度

W32/Matcher@MM

企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4134
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4241 (現在7628)
対応エンジン 4.0.70以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 Matcher (F-Secure), Troj_Matcher.A (Trend), W32.Matcher (NAV), W32/Matcher (Sophos)
情報掲載日 01/04/18
発見日(米国日付) 01/04/18
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

    このウイルスは最新エンジンと4096DATファイル(2000年9月発行)を用た場合、ヒューリスティック・スキャンの検知方法で「New Backdoor」として検知されました。4134DATでは、特定して検知することができます。

    この大量メール送信ウイルスは、Visual Basic 6(もしくはそれ以上)のルーチン・ライブラリがないと作動しません。このウイルスを実行すると、WINDOWS SYSTEMディレクトリに、「Matcher.exe」というファイル名でウイルス自身がコピーされ、スタート・アップでロードできるよう、レジストリ実行キーが作成されます。

    作成されるレジストリ実行キー
    HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
    Run\(Default)=%WinDir%\matcher.exe

    このウイルスのプログラムを実行すると、Outlookのアドレス・ブックの中の全ての人に、下記の情報でウイルス自身を送り付けようと試みます。

    件名: Matcher
    本文: Want to find your love mates!!! Try this its cool... Looks and Attitude Maching to opposite sex.
    添付ファイル: Matcher.exe

    このウイルスは、また、AUTOEXEC.BATを下記のように書き換えようとします。

    @echo off
    echo from: Bugger
    pause

    TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

  • 覚えのない添付ファイルを送信したというメール返信が届いた場合
  • WINDOWS SYSTEMに「Matcher.exe」というファイルがある場合
  • 以下のようなレジストリ・キーがある場合
    HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
    Run\(Default)=%WinDir%\matcher.exe

TOPへ戻る

感染方法

「Matcher.exe」という添付ファイルを実行するとローカル・マシンが感染します。このウイルスは、Outlookアドレス・ブックの受信者の全てに同じ添付ファイルを送り続けます。このメール送信は、システムからウイルスが駆除されるまで続行されます。

TOPへ戻る

駆除方法

検知と駆除には、指定されたエンジンとDATファイルをご使用下さい。
手動駆除の方法は下記になります。

  1. 上記に掲載されているレジストリ・キーを削除します
  2. コンピューターを再起動します
  3. 上記に掲載されているファイルを消去します

TOPへ戻る