ウイルス情報

ウイルス名 危険度

W32/Mimail.u@MM

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4324
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4324 (現在7656)
対応エンジン 4.2.40以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 04/02/16
発見日(米国日付) 04/02/13
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

ウイルスの特徴


・W32/Mimail.u@MMは大量メール送信型ワームで、初期段階の感染時にスパムメールを送信しました。

・以下のようなスパムメールが送信されます。

件名: Your account delete
Your account is deleted. Details see in file.

----

SSGroup Support

<212> 799-03-21


・W32/Mimail.u@MMは、以下のドメインに接続して有効なインターネット接続があるかどうかを確認します。
  • google.com
  • yahoo.com
  • demos.ru
  • kernel.org
  • navy.mil

・W32/Mimail.u@MMは複数のIRCサーバに接続して、指示を待ちます。

電子メールを介した繁殖

・W32/Mimail.u@MMはターゲットマシンのファイルから宛先の電子メールアドレスを収集して、以下のファイルに書き込みます。

C:\cyclop.bin

・以下の拡張子を持つファイルから抽出したアドレスは、無視します。
  • avi
  • bmp
  • cab
  • com
  • dll
  • exe
  • gif
  • jpg
  • mp3
  • mpg
  • ocx
  • pdf
  • psd
  • rar
  • tif
  • vxd
  • wav
  • zip


・AVERTでは、現在もW32/Mimail.u@MMについて分析中です。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

・W32/Mimail.u@MMは、%Windir%フォルダにsmvc32.exeというファイル名で自身をコピーします。

・W32/Mimail.u@MMは以下のレジストリキーを作成して、起動時に自身を実行します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\ CurrentVersion\Run "SMVC"= %WINDIR%\smvc.exe

・以下のレジストリキーに、“magic”と“socks”という値を追加します。
HKEY_CURRENT_USER\Software

・ C:\cyclop.binファイル(取得した電子メールアドレスを内蔵)が存在します。

TOPへ戻る

感染方法

・W32/Mimail.u@MMは、電子メールを介して繁殖します。手動で添付ファイルを実行すると、ローカルマシンに感染します。

TOPへ戻る

駆除方法

■現行のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

TOPへ戻る