ウイルス情報

ウイルス名 危険度

W32/Myba@mm

企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4125
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4241 (現在7656)
対応エンジン 4.0.70以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 I-Worm.Myba (AVP), MYBABYPIC.EXE, TROJ_Mybabypic.A (Trend), W32/Babypic@MM, Win32/Myba.Worm (CAI)
情報掲載日 01/03/09
発見日(米国日付) 01/02/27
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

  • W32/Myba@mmは、このコメントが掲載される時点では、プログラム ヒューリスティックを有効にして走査すると、現行のエンジン(4.0.70+)とDATファイルでは、"New BackDoor"(新種のバックドア)として検出されます。

  • W32/Myba@mmは、Visual Basicで作成されたインターネット ウイルスです。

  • このウイルスは、自身をジョークプログラムのように見せかけ、ユーザにプログラムが終了したと思わせた後で、1つのプロセスとして動作し、Outlookで他のユーザに電子メールを配信します。

  • 最初にウイルスが起動してから約10分後、アドレス帳に登録されている宛先に電子メールが配信されます。

  • 電子メールは、次の形式で配信されることがあります。

    Subject'My baby pic!!!'
    Body'Its my animated baby picture !!'
    Attachmentmybabypic.exe

  • この実行ファイル(78KB)を示すアイコンは、ピンク色の簡単なグラフィックで、郵便切手のような縁取りがしてあり、中には横顔が描かれています。

  • この実行ファイルを起動すると、ベビーベッドの中に、大人のペニスをつけた赤ちゃんが入っているアニメーション グラフィックが表示されます。ペニスは、2つの場所を移動します。

  • メールを受け取った人は、"ユーモア"のつもりで、この添付ファイルを意図的に転送してしまう可能性があります。

  • このウイルスは、ローカル ファイル システム上にある次の場所に、自身のコピーを書き込みます。

    WINDOWS\SYSTEM\WINKERNEL32.EXE
    WINDOWS\SYSTEM\MYBABYPIC.EXE
    WINDOWS\SYSTEM\WIN32DLL.EXE
    WINDOWS\SYSTEM\CMD.EXE
    WINDOWS\SYSTEM\COMMAND.EXE

  • また、このウイルスは、Windowsの起動時に自身のプログラムが読み込まれるように、レジストリを次のように改変します。

    HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\
    WINKernel32=C:\WINDOWS\SYSTEM\WINKernel32.exe
    HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\
    mybabypic=C:\WINDOWS\SYSTEM\mybabypic.exe
    HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\RunServices\
    @=C:\WINDOWS\SYSTEM\Win32DLL.exe

  • このウイルスは、すでに感染したシステムを自身で識別できるように、次のエントリを追加します。 HKCU\software\
    Bugger=HACK[2K]
    HKCU\software\Bugger
    mailed=1

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

TOPへ戻る

感染方法

TOPへ戻る

駆除方法

TOPへ戻る