ウイルス情報

ウイルス名

WM/MUCK.H

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7628)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
発見日(米国日付) 97/07/01


Word Version6.x/7.x/97(Windows版、Macintosh版)で作動するマクロウイルスである。感染ファイルの構成マクロはAUTOOPEN, AUTOCLOSE, AUTONEW, AUTOEXIT, FILESAVE, FILESAVEASである。自動マクロ、システムマクロを用いて発動するウイルスである。

新規文書がオープンされると、"AC INTEROFFICE COMMUNICATION"というタイトルの各種メッセージボックスが表示される。このウイルスはもともとはAUTONEWマクロを持っていなかったが、たまたま「同梱」されたため、結果として亜種が発生した。このAUTONEWマクロが作動すると、結局Microsoft Word Err=100が発生することになる