ウイルス情報

ウイルス名

Nowhere_Man

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7656)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 CVirus, VMessiah
亜種 JVirus, NowhereMan1.9, NowhereMan2.0, VMessiah
発見日(米国日付) 91/12/01


Nowhere Manは、ファイル感染ウイルスであり、メモリには常駐しない。このウイルスは、長さが6,300バイトを超える.COMファイルおよび.EXEファイルに感染する。

感染ファイルが実行されるたびに、このウイルスは、感染対象として、現行ディレクトリ内で長さが6,300バイトを超える.COMファイルまたは.EXEファイルを探す。感染候補のファイルを見つけると、そのファイルの最初の6,286バイトをウイルスコードで上書きする。また、その他の部分は、2進の00文字で上書きする。