ウイルス情報

ウイルス名 危険度

VBS/Nieber@MM

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 VBScript
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4150
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4150 (現在7656)
対応エンジン 4.1.50以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 HTML_NIEBER.A (Trend), VBS.Neiber.A@mm (NAV), VBS_NIEBER.A (Trend)
情報掲載日 02/08/09
発見日(米国日付) 02/07/30
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

このウイルスは、現在の定義ファイルとエンジンで "VBS/Generic@MM" として検出されます。

VBS/Nieberという名前は、このウイルスのコードの先頭にあるコメント行から付けられました。

'Bernie

VBS/Nieberは、実行されると、Windowsフォルダに"Bernie.vbs"として自身のコピーを作成します。次に、Windowsの起動時に自身のプログラムが読み込まれるようにレジストリを改変します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\Bernie = wscript.exe (%Windir%)\Bernie.vbs %

他のVBScriptウイルスと同様に、VBS/Nieberは、レジストリ エントリに値"1"がないか調べます。

HKEY_CURRENT_USER\software\Bernie\mailed

見つかった値が "1" 以外の場合、またはこのキーが存在しない場合は、電子メール送信ルーチンを開始します。Outlook のアドレス帳に登録されている宛先に、次のような HTML 形式の電子メールが送信されます。

件名"Attention virus"
本文You need ActiveX enabled if you want to see this e-mail.
Please open this message again and click accept ActiveX
Microsoft Outlook

Je tenais absolument a t'avertir que tu venais
d'etre contamine par le virus BERNIE.
添付ファイルBernie.vbs

VBS/Nieber は、他のユーザに電子メールを送信した後、感染システムで電子メール送信ルーチンが実行済みであることを示すマーカとしてレジストリ キーを設定します。

  • HKEY_CURRENT_USER\software\Bernie\mailed=1

VBS/Nieber は、レジストリで指定された Internet Explorer のダウンロード ディレクトリに "mange.com" というファイルがあるか調べます。このファイルが存在しない場合、http:\\membres.lycos.fr ドメイン内のユーザ アカウントを指すように Internet Explorer のスタート ページを改変し、"mange.com" というファイル(1,684バイト)をダウンロードし、実行します。このファイルは、次回のシステム起動時に %Windir% フォルダを削除する命令でAUTOEXEC.BAT ファイルを上書きするように作成されたトロイの木馬です。

VBS/Nieber は、リモート ドライブがあるか調べます。接続されたリモート ドライブが存在する場合、.VBS または.VBE の拡張子を持つファイルを見つけ、そのファイルをウイルス コードで上書きします。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

  • 感染ホストで"Bernie.vbs"というファイルが作成される。
  • Outlookで電子メールの送信、または電子メールを送信するための電子メール サーバへのログインが自動的に行われる。

TOPへ戻る

感染方法

  • このウイルスは、Internet Explorer 5およびOutlook Express または MS Outlook のいずれかを使用するホストを必要とする。
  • この VBScript ウイルスは、実行されると直ちに起動し、他のユーザに自身を送信する。

TOPへ戻る

駆除方法

TOPへ戻る