ウイルス情報

ウイルス名 危険度

W97M/Nid.A

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4029
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4029 (現在7634)
対応エンジン 4.1.40以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 MW97:Nid family (Alwil), W97M_BIO_M9 (Trend), WM97/Nid-A (Sophos), WORD.97.Nid.A (VirusBuster), Word97Macro/Nid.A (VET)
情報掲載日 2002/06/27
発見日(米国日付) 2002/06/01
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

  • W97M/Nid.A は、”BIO_M9” と呼ばれるモジュールに存在します。”c:\BIO_M9.drv” と呼ばれるファイルを一時ファイルとして使用し、ドキュメントないし NORMAL.DOT に自身をコピーします。そのように Word 97 SR-1 と互換性があります。これは、上書き保存、名前を付けて保存、AutoSave、AutoOpen イベントにフックします。Confirm Conversions、Virus Protection を無効にし、NORMAL.DOT に保存します。
  • 破壊活動として、ファイル サマリー インフォ キーワードを ”BIOLORD BIO_M9” に変更します。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

  • ”c:\BIO_M9.drv” と呼ばれるファイルが存在する。ファイル サマリー インフォ キーワードが ”BIOLORD BIO_M9” に変更されている。

TOPへ戻る

感染方法

TOPへ戻る