ウイルス情報

ウイルス名

WM/NJ-WMVCK2.A

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7659)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 COOLIO
発見日(米国日付) 97/04/01


Word Version6.x/7.x(Windows版、Macintosh版)で作動するマクロウイルスである。感染ファイルの構成マクロはAUTOEXEC, AUTOOPEN, FILENEW, FILECLOSE, FILEPRINT, FILEOPEN, INFO, COOLIO である。自動マクロ、システムマクロを使って発動するウイルスである。マクロはいずれもWord標準機能「実行のみ可能」で暗号化されている。つまりユーザーはウイルスマクロを表示することも編集することもできない。

X時Y分の最初の10秒の間にFILE|PRINTが使われると"Coolio is on your board! FXXX you N.. WMVCK!"という文字列が文書末尾に挿入される。Word起動時には以下のようなメッセージボックスが表示されることがある。

-Microsoft WordX

Coolio


OK

(「Coolio」)

このウイルスはWordMacroVirusConstructionKit.(Wordマクロ作成キット)によって作成された。